産業廃棄物処理業

「廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令の一部を改正する政令」等が閣議決定されました【平成22年12月17日】。

平成22年12月17日に「廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令の一部を改正する政令」等が閣議決定されました。

改正された、内容は次のとおりです。なお、先だって改正された廃掃法の施行日は平成23年4月1日です。

(1)優良な産業廃棄物処理業者に係る特例
 先般の法改正により設けられた、優良な産業廃棄物処理業者の許可の特例として、許可の有効期間を7年とすることとする(現行法では一律に5年)。

(2)熱回収施設設置者認定制度
 先般の法改正により設けられた、熱回収施設設置者認定制度について、認定を受けた者が熱回収施設において行う廃棄物の処分基準を定める。

(3)産業廃棄物収集運搬業許可の合理化
 現在は、産業廃棄物の収集運搬については、積卸しを行う全ての都道府県又は政令市の許可を受けなければならないが、原則として、一の政令市を越えて収集運搬を行う場合は、都道府県の許可を受けることとする。

(4)廃石綿等の埋立処分基準
 飛散性の廃石綿等に関する現在の埋立処分基準では、固型化又は二重こん包のいずれかの措置を講ずることとされているが、固型化等の措置を講じた上で二重こん包することを義務付ける。

ページの先頭へ戻る