貸金業者登録

指定紛争解決機関がない場合の対応

指定紛争解決機関が存在しない場合



業務の種別に応じた指定紛争解決機関が存在する場合は、必ず指定紛争解決機関と「手続実施基本契約」を締結しなければなりません。

指定紛争解決機関が存在しない場合には、いくつかの選択肢の中から対応を検討することになります。

指定紛争解決機関が存在しない場合、まず、貸金業者者は、「苦情処理措置」「紛争解決措置」についてそれぞれ対応することが必要になります。

▼苦情処理措置

①顧客からの苦情の処理の業務に従事する従業者に対する助言・私道を一定の経験を有する生活専門相談員等に行わせる方法
②自社で業務運営体制・社内規則を整備し、公表する方法
③外部機関を利用する方法

▼紛争解決措置

①ADR方に定める認証紛争解決手続の利用
②金融商品取引業協会・認定投資者保護団体の利用
③弁護士会の利用
④国民生活センター・消費者センターの利用
⑤他の業態の指定ADR機関の利用
⑥紛争解決業務を公正かつ的確に遂行できる法人の利用





貸金業の金融ADR制度への対応はお任せください。
ご依頼・ご相談は“許認可の窓口”アクシア行政書士事務所へ。

電話:03-3778-5450
IP電話:050-5563-5774
アクセス:東京都品川区大井1-11-1大井西銀座ビルA棟3階(地図

アクシア行政書士事務所の取扱業務一覧はこちら。

ページの先頭へ戻る