在留資格(入管手続)

高度人材認定について【2012年7月以降】

現在、科学技術や医療などで優れた技能を持つ外国人の受け入れ拡大策が検討されています。

この優遇策の柱が永住要件の緩和です。

一般の外国人が永住権を得るには、原則10年日本に在留している必要があります。

しかし経験や実務経験などをポイント制で評価し、一定以上の得点を得た外国人を政府が「高度人材」と認定し、「高度人材」の場合は永住許可に必要な在留期間を5年に短縮する等の緩和がなされるのです。

※2012年7月の導入が予定されています。

pointo.jpg


合計70点に達した人材=高度人材と認定

・永住許可に必要な在留期間10年→5年に短縮

・入国・在留手続きの優先処理

・初入国から最長5年の在留期間付与

・家族や家事使用人の入国を許可






入国管理局の手続きはお任せください。
ご依頼・ご相談は“許認可の窓口”アクシア行政書士事務所へ。

電話:03-3778-5450

IP電話:050-5563-5774

アクセス:東京都品川区大井1-11-1大井西銀座ビルA棟3階(地図

アクシア行政書士事務所の取扱業務一覧はこちら。

ページの先頭へ戻る