宅地建物取引業の免許が必要となる場合

宅建業免許申請

宅地建物取引業の免許が必要となる営業は次のとおりです。

宅地または建物の売買
宅地または建物の交換
宅地または建物の売買、交換または賃借の代理
宅地または建物の売買、交換または賃借の媒介

これらをする行為で業として行うものと規定されています。
したがいまして、不動産屋さんのお仕事と思われているアパート・マンションの管理などは、宅地建物取引業免許は不要です。

宅地建物取引業(宅建業)TOPへ


ページの先頭へ戻る