割賦販売法

改正割賦販売法が、平成21年12月1日施行されます。

改正割賦販売法が、平成21年12月1日施行されます。

改正割賦販売法によってクレジット規制が強化されます。

割賦販売法改正のポイントは次のとおりです。



  • 個別クレジットを行う事業者は登録制とし、立入検査、改善命令など、行政による監督規定が導入されます。
  • 個別クレジット業者に、訪問販売等を行う加盟店の勧誘行為について調査することを義務づけ、不適正な勧誘があれば消費者への与信が禁止されます。
  • 与信契約をクーリング・オフすれば販売契約も同時にクーリング・オフされるようになります。
  • 訪問販売業者等が虚偽説明等による勧誘や過量販売を行った場合、個別クレジット契約も解約し、すでに支払ったお金の返還も請求可能になります。
  • クレジット業者に対し、指定信用情報機関を利用した支払能力調査を義務づけられ、消費者の支払能力を超える与信契約の締結が禁止されます。

ページの先頭へ戻る