指定紛争解決機関がない場合の対応【過去情報】

貸金業金融ADR

指定紛争解決機関が存在しない場合の対応【過去情報】

※現状では指定紛争機関が設けられています。この記事は過去の情報です。
日本貸金業協会(外部リンク)ー指定紛争解決機関(ADR)について

業務の種別に応じた指定紛争解決機関が存在する場合は、必ず指定紛争解決機関と「手続実施基本契約」を締結しなければなりません。
指定紛争解決機関が存在しない場合には、いくつかの選択肢の中から対応を検討することになります。
指定紛争解決機関が存在しない場合、まず、貸金業者者は、「苦情処理措置」「紛争解決措置」についてそれぞれ対応することが必要になります。

▼苦情処理措置

①顧客からの苦情の処理の業務に従事する従業者に対する助言・私道を一定の経験を有する生活専門相談員等に行わせる方法
②自社で業務運営体制・社内規則を整備し、公表する方法
③外部機関を利用する方法

▼紛争解決措置

①ADR方に定める認証紛争解決手続の利用
②金融商品取引業協会・認定投資者保護団体の利用
③弁護士会の利用
④国民生活センター・消費者センターの利用
⑤他の業態の指定ADR機関の利用
⑥紛争解決業務を公正かつ的確に遂行できる法人の利用

貸金業登録に関するその他のコンテンツ

貸金業登録関係

貸金業登録が必要となる場合とは
貸金業登録の要件とは
貸金業登録の申請代行について

法令遵守関係

貸金業法第12条の4に定める従業者の証明書について
貸金業法第16条の2に定める契約締結前に交付する書面の記載内容について
貸金業法第16条の2第2項に定める極度貸付基本契約締結前に交付する書面の記載内容について
貸金業法第17条に定める契約締結時に交付する書面の記載内容について
貸金業法第17条の2に定める極度貸付基本契約締結時に交付する書面の記載内容について
貸金業法第18条に定める受取証書の記載内容について
貸金業法第21条に定める催告書面の記載内容について
金融ADR制度(金融分野における裁判外紛争解決制度)について
企業グループの金銭の貸付の規制を緩和する施行令・施行規則の政令(平成29年4月1日施行)

様式関係

貸金業者登録の様式【使用承諾書】
貸金業者登録の様式【使用承諾書(転貸借)】
届出様式【疑わしい取引の届出書】
届出様式【開始等届出書】

過去情報関係

指定紛争解決機関がない場合の対応【過去情報】
新しい貸金業務取扱主任者の制度について【過去情報】
届出様式【貸金業務取扱主任者研修受講届出書】【過去情報】


貸金業者登録申請の手続き、社内規則の策定等はお任せください。
ご依頼・ご相談は“許認可の窓口”アクシア行政書士事務所へ。
電話:03-3778-5450
東京都品川区大井1-11-1大井西銀座ビルA棟3階(地図
貸金業者登録のトップページに戻る。
アクシア行政書士事務所の取扱業務一覧はこちら。

ページの先頭へ戻る